お金の感覚はゲームから養われた

自営業をやっている34歳の男です。

夢中になってしまったものはオンラインゲームです。25歳くらいの時に初めてオンラインゲームをやりました。
携帯のアプリとかではなく、家庭用ゲーム機、プレイステーションを使ってのオンラインゲームです。

元からゲームは好きでしたが、外に出ることも好きなので、そんなに頻繁にゲームをするわけではありませんでした。
きっかけは友人にすすめられて、軽い気持ちでやってみたことですね。

色んな世界を自由に行けたり、敵と戦ったりしますが、夢中になってしまった一番の原因は、仲間ができることです。
同じようにオンラインゲームをやっているユーザーです。

毎日プレイすると、毎日話すことになりますし、変な話リアルの友達よりもなんでも知っている仲になってしまいました。
そこで同じ目標に向かって頑張ったり、話し合ったりするので、余計に夢中になります。

自分はそのゲームと出会って、2年ほど、ほぼ引きこもりのようになってしまいました。
友達の誘いを断ってまで遊んでいました。

面白くて、毎日のようにプレイしていたわけですが、ふと気付いたときには、多くの時間を使ってしまっていました。
友達からの誘いも目に見えて減り、外に出る機会はますます減っていったのです。

ゲーム中でも他のユーザーたちと繋がりはありますが、あくまでゲームの中だけです。

その夢中になった2年間で多くの友達を失いました。
もうやらないからまた遊ぼうと思っても、周りの環境も変わっているのです。

何事もほどほどにとは言いますが、まさにこのことですね。
夢中になることはいいことですが、周りが見えなくならないようにして付き合っていくのが大事です。

まだゲームは好きですが、自分の周りをしっかり見ながら、おぼれないように付き合っていきたいですね。

お金を稼ぐ意味を持ってから自分の時間の使い方が変わってきたかな。